Back to page

− Links

 Print 

Diff of GUIGUI01​/man0005 :: OSASK計画

Diff of osaskwiki:GUIGUI01/man0005

« Prev[3]  
5: 2009-11-17 (Tue) 12:08:28 source[4] Cur: 2009-11-21 (Sat) 00:00:00 k-tan[5] source[6]
Line 1: Line 1:
-* 「ぐいぐい01」のアプリフォーマット+TITLE:x 
 +* 「ぐいぐい01」のアプリフォーマット [#f8fb8cf8]
-(by [[K]], 2008.12.29) -(by [[K]], 2008.12.29)
-*** 註+*** 註 [#u5026115]
-所詮はOSASK-HB向けなのでまあ暫定的なものです。とりあえず2008.12.29時点で最新のabcdw007での仕様を書きました。ちなみにabcdw008でもこの仕様のままの予定です。 -所詮はOSASK-HB向けなのでまあ暫定的なものです。とりあえず2008.12.29時点で最新のabcdw007での仕様を書きました。ちなみにabcdw008でもこの仕様のままの予定です。
-基本的にここに書いてあることを理解する必要はありません。bim2g01が勝手に生成してくれるので。 -基本的にここに書いてあることを理解する必要はありません。bim2g01が勝手に生成してくれるので。
-旧仕様については[[GUIGUI01/man0003]]に記述が残してあります。見比べると分かりますが、実はほとんど変わっていません。 -旧仕様については[[GUIGUI01/man0003]]に記述が残してあります。見比べると分かりますが、実はほとんど変わっていません。
-*** 基本構造+*** 基本構造 [#y59a9d4a]
-最初の2バイトがシグネチャで、0x47 0x01。 -最初の2バイトがシグネチャで、0x47 0x01。
--大文字小文字アルファベット+0x00~0x1fの組み合わせは他でも使うかもしれないので、誰かがもし下記に似たフォーマットを独自に設計して利用するつもりなら避けてもらえると個人的にはありがたい。 --大文字小文字アルファベット+0x00~0x1fの組み合わせは他でも使うかもしれないので、誰かがもし下記に似たフォーマットを独自に設計して利用するつもりなら避けてもらえると個人的にはありがたい。
Line 45: Line 46:
                             末尾にC3の1バイトも足される。                              末尾にC3の1バイトも足される。
-*** タグのフォーマット+*** タグのフォーマット [#c25108f5]
-タグ番号はすべてgh4でエンコード。このルールはネスト内のタグでも有効。 -タグ番号はすべてgh4でエンコード。このルールはネスト内のタグでも有効。
-[00] : -[00] :
Line 62: Line 63:
--最初にgh4があって、これが文字列の個数に相当。そしてその個数の回数だけ「各文字列長に相当するgh4と文字列そのものに相当する4bit配列」を繰り返す。 --最初にgh4があって、これが文字列の個数に相当。そしてその個数の回数だけ「各文字列長に相当するgh4と文字列そのものに相当する4bit配列」を繰り返す。
-[28]以降のタグ番号については、どんなフォーマットを取るかの規定はまだない。 -[28]以降のタグ番号については、どんなフォーマットを取るかの規定はまだない。
-*** タグのコード(ルート内)+*** タグのコード(ルート内) [#u97cac61]
-[00] 何もしない。NOPなタグ。パディングなどで使いたければ使う。 -[00] 何もしない。NOPなタグ。パディングなどで使いたければ使う。
---- ----
Line 95: Line 96:
-[18] コメントタグ。このタグ内の記述はすべて無視する。 -[18] コメントタグ。このタグ内の記述はすべて無視する。
-上記以外はリザーブ。 -上記以外はリザーブ。
-*** タグのコード(セクション記述タグ内)+*** タグのコード(セクション記述タグ内) [#u4e6e8b0]
-[00] 何もしない、NOPなタグ。パディングなどで使いたければ使う。 -[00] 何もしない、NOPなタグ。パディングなどで使いたければ使う。
---- ----
« Prev[3]