サイトトップへ
OSASK.NET
SourceForge.JP
サイトトップへ       新掲示板   Wiki(凍結済)   旧掲示板(廃止済)   ニュース(廃止済)   最新チェッカー      

ぐいぐい01に関するメモ-25 anchor.png

  • (by K, 2009.01.12)
  • メモのうち重要な部分をそのうちまとめてまともなページを作る
Page Top

(37) GOで「ぐいぐい01」アプリを作る(3) anchor.png

  • GUIGUI01​/memo24の続きです。仕様変更ももうそんなにはないと思うので、書いても問題はないかなと。

  • ex0011では、0から100までの和をやりました。でも、これを1000までの和に変えようとしたら、そのたびにソースを変更してmakeしなおさなければいけません。これはかっこよくないです。そうじゃなくて、コマンドラインから指定したいですよね。ということで、このページはコマンドライン特集です。ちなみにこのページまでの知識だけで、calendarは作れます。つまりアイデア次第で、この程度のAPIだけでも、役立つものは作れるのです。ということでex0012.cを。
    #include <guigui01.h>
    
    /* これは関数の外で宣言するのが望ましい */
    unsigned char cmdusage[] = {
        0x86, 0x55, /* この2つは決まり文句なのでとりあえず変更しない */
        0x0c, 0, 'n', 0x1c, 1, '#', /* この説明は本文で */
        0x40 /* 最後のこれも決まり文句なので変更しない */
    };
     
    void setdec(char *s, int i, int n)
    {
        (ex0010.cと同じ内容)
    }
    
    char *skip_space(char *s)
    {
        (ex0010.cと同じ内容)
    }
    
    void G01Main()
    {
        int i, j = 0, n;
        char s[11];
        g01_setcmdlin(cmdusage); /* コマンドラインの使い方をシステムに教える */
        n = g01_getcmdlin_int_s(0); /* 本文参照 */
        for (i = 0; i <= n; i++) {
           j += i;
        }
        setdec(s, j, 10);
        s[10] = 0;
        g01_putstr0(skip_space(s));
        return;
    }
  • 詳しい説明は後でします。とにかくまずはこれをmakeします。220バイトになります。
  • まず試しにこれを引数なしで実行してみます。
    >efg01 ex0012.g01
    usage>ex0012.g01 n:#
  • こんな表示が出るはずです。これは使い方表示です(ちなみに「#」はこの場合はナンバーと読みます、シャープではなく)。
  • このように「ぐいぐい01」では、「引数名:引数」という形でプログラムにいろいろな値を渡すことができます。実際に渡してみましょう。
    >efg01 ex0012.g01 n:100
    5050
    
    >efg01 ex0012.g01 n:1000
    500500
  • とまあこんな感じです。
  • それでは少しずつ説明しましょう。謎の表現として、まず以下のものがありました。
        0x0c, 0, 'n', 0x1c, 1, '#', /* この説明は本文で */
  • これは、
        0x0c, (引数名の文字数-1), (引数名), 0x1c, (説明部分の文字数), (説明)
  • となっています。だからここを、こんな風に書くこともできます。
        0x0c, 2, 'n', 'u', 'm', 0x1c, 6, 'n', 'u', 'm', 'b', 'e', 'r',
  • この場合は当然、使い方表示も変わります。
  • プログラムでは真っ先に g01_setcmdlin(cmdusage); を実行していますが、これはとても大事なことです。早ければ早いほどいいです。システムは、このAPIを受け付けると直ちにコマンドラインの解析を始めて、不足があれば自動的に使い方表示を出して終了します。つまりこの関数を無事にすり抜けた時点で、もうn:の記述があることは間違いありません。
  • そしてその値は、 g01_getcmdlin_int_s(0) で受け取れます。この0は、引数リスト(cmdusage)の一番上という意味です。上記の宣言方法ですと、nはint型でかつシングル型(通常型)なので、g01_getcmdlin_int_s()を使います。
  • さて、プログラムはそのままにして、
    >efg01 ex0012.g01 n:100*10
  • とやってみるとどうでしょうか?そう「500500」とでます。また n:0x64 としたら「5050」がでます。つまりex0012.g01がintの値をn:として欲しがっているのがシステムに分かっているので、システムは後続の文字列を数式として正しく解釈できるのです。一般的なOSではコマンドライン引数は文字列型しかないので、こういう気の利いたことは(ライブラリか何かを整備しないと)できません。229バイト程度ではまず無理でしょう。

  • じゃあ次は引数を二つ使いましょうかね。ex0013.cです。
    #include <guigui01.h>
    
    unsigned char cmdusage[] = {
        0x86, 0x55,
        0x0c, 0, 'i', 0x1c, 1, '#',
        0x0c, 0, 'n', 0x1c, 1, '#',
        0x40
    };
     
    void setdec(char *s, int i, int n)
    {
        (ex0010.cと同じ内容)
    }
    
    char *skip_space(char *s)
    {
        (ex0010.cと同じ内容)
    }
    
    void G01Main()
    {
        int i, j = 0, n;
        char s[11];
        g01_setcmdlin(cmdusage);
        n = g01_getcmdlin_int_s(1);
        for (i = g01_getcmdlin_int_s(0); i <= n; i++) {
           j += i;
        }
        setdec(s, j, 10);
        s[10] = 0;
        g01_putstr0(skip_space(s));
        return;
    }
  • これをmakeすると230バイトになります。プログラムは今までの知識から推測すれば分かると思いますが、iからnまでの和を計算しています。引数が2個になることで、引数名を指定する意味が出てきます。というのは、
    >efg01 ex0013.g01 i:3 n:5
    12
  • と書いてもいいし、
    >efg01 ex0013.g01 n:5 i:3
    12
  • と書いてもいいからです。つまり引数名をきちんと覚えておけば、指定する順序を忘れたっていいのです。次に引数の省略というのをやりますが、それも引数名があるからこそ、どれが省略されたのか分かるのです。こういうことを標準関数だけでやろうとすると、かなりの行数を食うでしょう。

  • ということで省略可能な引数の説明です。ex0014.cです。
    #include <guigui01.h>
    
    unsigned char cmdusage[] = {
        0x86, 0x55,
        0x1c, 0, 'i', 0x1c, 1, '#', /* 最初が0x0cから0x1cに変わったのに注目! */
        0x1c, 0, 'n', 0x1c, 1, '#', /* 最初が0x0cから0x1cに変わったのに注目! */
        0x40
    };
     
    void setdec(char *s, int i, int n)
    {
        (ex0010.cと同じ内容)
    }
    
    char *skip_space(char *s)
    {
        (ex0010.cと同じ内容)
    }
    
    void G01Main()
    {
        int i, j = 0, n;
        char s[11];
        g01_setcmdlin(cmdusage);
        n = g01_getcmdlin_int_o(1, 100);
        for (i = g01_getcmdlin_int_o(0, 0); i <= n; i++) {
           j += i;
        }
        setdec(s, j, 10);
        s[10] = 0;
        g01_putstr0(skip_space(s));
        return;
    }
  • これをmakeすると245バイトになります。変わったところは、cmdusage[ ]と引数の取得がg01_getcmdlin_int_o()になったことです。oはオプショナル型という意味で、つまり省略可能な引数を受け取るときに使います。省略した場合は、2番目の引数の値が指定されたと見なされます。今回はどちらも省略可能になったので、引数なしで実行してもusageは出ません。
    >efg01 ex0014.g01
    5050
    
    >efg01 ex0014.g01 n:1000
    500500
    
    >efg01 ex0014.g01 i:98
    297

  • さてそろそろ足し算にも飽きたので、別のことをやろうと思います。ex0015.cですね。
    #include <guigui01.h>
    
    unsigned char cmdusage[] = {
        0x86, 0x55,
        0x0c, 0, 's', 0x3c, 3, 's', 't', 'r', /* 0x3cは文字列型引数 */
        0x1c, 0, 'n', 0x1c, 1, '#',
        0x40
    };
    
    void G01Main()
    {
        int i, n;
        char s[16];
        g01_setcmdlin(cmdusage);
        g01_getcmdlin_str_s0(0, 16, s); /* sに受け取る、最大16バイトまで、末尾に0が入る */
        n = g01_getcmdlin_int_o(1, 10);
        for (i = 0; i < n; i++) {
           g01_putstr0(s);
        }
        return;
    }
  • これをmakeすると132バイトになります。これは何をやっているかというと、文字列sと回数nを受け取って、sをn回表示するという、ただそれだけのものです。まずはusageを。
    >efg01 ex0015.g01
    usage>ex0015.g01 s:str [n:#]
  • ああ、いい忘れてましたが、このように省略可能な部分には[ ]がつきます。実行すると以下のようになります。
    >efg01 ex0015.g01 s:abc
    abcabcabcabcabcabcabcabcabcabc
    
    >efg01 ex0015.g01 s:12 n:3
    121212
    
    >efg01 ex0015.g01 s:1+2 n:1+2
    1+21+21+2
  • ここで一つefg01を困らせてみましょう。16文字以上をsに渡そうとするとどうなるでしょうか?
    >efg01 ex0015.g01 s:1234567890123456
    Too long Command line ("1234567890123456" max:16)
  • こんなエラーが出て自動で止まります。これは現在「バッファオーバーを継続不可能なエラーとして処理する」モードになっているせいなのですが、このおかげでアプリ側は収まりきらなかったときのエラー処理を考える必要がなくなっています。

  • このページもすっかり長くなったので最後です。ex0016.cです。
    #include <guigui01.h>
    
    unsigned char cmdusage[] = {
        0x86, 0x5c, 0, /* ここが変わった! */
        0x0c, 0, 's', 0x3c, 3, 's', 't', 'r',
        0x1c, 0, 'n', 0x1c, 1, '#',
        0x40
    };
    
    void G01Main()
    {
        (ex0015.cと同じ内容)
    }
  • これをmakeすると133バイトになります。今回はusageを改造しただけなので、usageが変わります。まず見てみましょう。
    >efg01 ex0016.g01
    usage>ex0016.g01 [s:]str [[n:]#]
  • これはどういうことかというと、s:やn:の部分(つまり引数名)を省略できるようになったのです。
    >efg01 ex0016.g01 abc 4
    abcabcabcabc
  • システムは、コロンを含まない引数を見つけると、まだ指定されていない引数に当てはめようとします。しかし 0x55, を指定しているときは、その機能があえて無効になっていました。 0x5c, ?, を指定すると、?で指定した引数から、当てはめようとするようになります。これにより、引数の順序を覚えている場合は、いちいちs:やn:を書かなくてよくなるわけです(もちろんいちいち書いてもいい)。
Page Top

こめんと欄 anchor.png

  • これくらい分かっていればcalendarを作ることもできるので、誰かが僕以外の作者では初の「ぐいぐい01」アプリを作ってくれるかなあ?まあ問題はアイデアですよね。これだけのAPIで何をやるかって言うのは、なかなかハードルが高いでしょう。 -- K 2009-01-12 (月) 15:22:44
  • ちなみにK作のカレンダーはGUIGUI01​/memo22の2009.01.11のところにあります。 -- K 2009-01-12 (月) 21:08:55
  • 次回は多分コマンドライン周りの続き。そしてその次がファイル関係の予定です。 -- K 2009-01-12 (月) 23:18:10
  • abcdw014向けの記述に修正。 -- K 2009-01-16 (金) 20:08:52

トップ   凍結解除 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
 
新着

目次
メンバー一覧


最新の20件
2016-10-01 2016-09-08
  • @MenuBar.
2016-09-07 2016-09-04 2016-08-15 2015-09-23 2014-07-30 2014-07-04 2014-02-04 2013-10-26 2013-06-21 2013-06-17 2013-06-15 2013-04-02 2013-02-09 2013-02-04 2012-12-25 2012-12-01 2012-05-28 2012-03-31

トピック一覧
一般用コメント最新
新掲示板lina
2016/9/5 20:58
SandBoxゲスト
2016/9/4 12:01
RecentDeletedlina
2015/6/2 19:29
Old-OSASK-MLlina
2014/6/29 9:14
hideyosi/メールhideyosi
2014/1/6 20:17
hideyosi/募集中lina
2013/11/8 19:56

このサイトは川合秀実から委託を受けて、OSASKコミュニティによって管理・運営されています。
このサイトに関するお問い合わせは掲示板にお願いいたします。