サイトトップへ
OSASK.NET
SourceForge.JP
サイトトップへ       新掲示板   Wiki(凍結済)   旧掲示板(廃止済)   ニュース(廃止済)   最新チェッカー      
Page Top

(0) これはなに? anchor.png

  • OSASK-HBとは、要するにOSASKとは別の新しいOS。その意味では(今は開発がほとんど進んでいない)KH-DOSなどと同じ。しかし基本的な目標はOSASKと同じく効率重視(というかエミュレータOS)。それでOSASKの名を冠している。いわば別系統で進化するOSASKともいえる。ソースの起源を「はりぼてOS」にもつ。HBの名は「Haribote Based」に由来する。ちなみにコードネームはpencil。
  • 2008年3月いっぱいは様子を見るが、コミュニティからあまりに不評だった場合はプロジェクトを凍結する可能性もあり。
  • 3月中旬にOSASK-MLに投稿する。
Page Top

(1) 主な特徴 anchor.png

  • 2008年の4月下旬あたりにver.0.0をリリース予定(KHBIOSのリリースとの兼ね合いで遅れる可能性もあるけど)。
  • やはりOSASKの名を冠しさらにKがリリース権を握る以上は、性能(速さやサイズ)を重視する。
    • しかしOSASKほどではなく、機能的に面白いと思えば取り入れる傾向が強い。
    • OSASKは486-33MHzくらいをOSの主要機能のターゲットとしているが、OSASK-HBはVIAのC3-533MHzくらいをターゲットにしようと思っている。RiSEのCPUの233MHzくらいでもいいかな。PentiumII換算では300MHzくらいを目標に。
  • できるだけアセンブラの使用は避ける。
    • アセンブラでがんばるのは元祖OSASKでやるのでこちらではそれを追求しない。ただどんな言語で書いてもいいというわけではなくtolsetの範囲に限定したい(つまりtolsetでサポートできるようになればC以外でもいい)。
    • アプリに関しては、tolsetを超えるツールでも全くかまわない。OSとアプリの中間に位置するような外部モジュール(DLLやドライバなど)についてはtolsetの範囲で収まるほうが好ましい。
  • 標準APIは「はりぼてOS」や「ぐいぐい ver.0.0」とは別のものを予定。たぶん名前は「ぐいぐい ver.0.1」。
    • これはOSASK-HB以外でもサポートする。元祖OSASKや、Windows上で動く環境も用意したい。無改造の「はりぼてOS」でも特別なアプリを使えば「ぐいぐい ver.0.1」を動かせるとか。新リンカも準備する。原理的にはIA-32用のLinuxやBSDなど他の32bit-OS上でも動くようにできる。
    • タスクセーブにももちろん対応予定だが、いくつかの例外を除くと、基本的にタスクセーブした環境でしかロードはできない(Windows上で起動しタスクセーブしたアプリは、Windows上か元祖OSASKかOSASK-HB上でしか再開できないなど)。
  • 「はりぼてOS」の精神を引き継ぎ、OSの機能追加は行き当たりばったり。リリース後に仕様がごっそり変わるなんてことも多分珍しくない。将来性なんてほとんど考えない。慎重なリリースが好みの人はOSASKをどうぞ(慎重すぎて歩みがのろいけど)。
  • 性能の追求がOSASKほどではないので、OS機能のモジュール化を推進。開発効率を重視したせいである(OSASKに比べればの話であって、本当に開発効率重視ならC++化などを進めるべきだとは思うんだけど、そのへんはいい加減)。モジュール化できる機能はどんどんモジュール化([[hrb:advance/driver]])。
  • もちろんAT版以外も作る
  • もちろんKHBIOSベース
Page Top

(2) 既存プロジェクトとの関係 anchor.png

  • 新OSASKというとkhabaベースのOSASK ver.5.0計画がありましたが、これはちょっとアイデアが発散しているのであと数年の後に考え直したいです。インテルが超省電力プロセッサを計画し始めてきたことも、まあまだしばらくはIA-32でいいかなと思った原因ではあります(情けない)。ということでOSASK ver.5.0以降もしばらくはIA-32専用です。
  • 元祖OSASKはどうなるの?・・・もちろん続けますとも!リリース間隔はOSASK-HBが無いときよりは広がるかもしれませんが、まあもともと超長い間隔があいてしまったのでそれはあまり気にしないってことで。僕の理想はやっぱりOSASKにあるのであって、OSASK-HBにあるわけじゃないのです。
  • はりぼて友の会との関係が一番悩みました。OSASK-HBはKが力を入れる以上「はりぼてOS」の正統進化版と誤解される危険があり、他のOS開発にマイナスの影響があるかもしれません(開発者を奪うとか、新しいアイデアを抑制してしまうなど)。でもまあ出版して2年以上経っているわけですし、OSASK-HBのソースを取り入れることでそれらのOSの景気付けにもなるかもしれないので、遠慮しないでやってみようかと思います。
  • OSASKと言った場合は元祖OSASKを指します。OSASK計画といった場合は、OSASKとOSASK-HBとその他すべてのサブプロジェクトを含みます。
Page Top

(3) 「30日でできる!OS自作入門」との関係など anchor.png

  • Kの目論見としては、「30日でできる!OS自作入門」によって「OSASKの次バージョンはマダー?」みたいな発言が減ることを期待していた。だって読んだ人はOSを作る苦労(?)が分かるだろうし、人に頼むくらいなら自分で作ればいいわけだし。しかしこの目論見はちっともうまくいかなかった。・・・はりぼて友の会がOSASKをしのぐほどの勢力になるかと期待している。友の会から頭一つ飛びぬけているOSが出てきて、しかもそれがみんなでオープンに開発する雰囲気になって、OSASKやMonaOSみたいな雰囲気になって注目されれば解決しそうな気がするんだけど、まだ今はそういう兆しがない。
  • いっぽうで僕は「はりぼてOS」はOSASKじゃない、OSASKは「はりぼてOS」よりも軽いんだ、と自分の過去の作品の存在を肯定していたら、「はりぼてOS」の存在を理由としたOSASKの存在意義を否定する意見は皆無になったものの、結局「OSASKの次バージョンはマダー?」を強めてしまった。うう、なかなかうまくいかない。僕としては自分からは何もしないで要求ばかりする風潮を何とかしたいんだけど(だって迷惑だし、非生産的だし)、結局「30日でできる!OS自作入門」はこの問題の解決へのきっかけにはなっていない。効果はあったみたいだけど、わずかだ。
  • そうなると、やはり自分はお客様で偉いんだと勘違いしている人たちにも(単にOSではなく)OSASKを開発できるようにさせるしかない。しかし今のOSASKはASKA満載でとても彼らがついてこられるとは思えない。しかも僕の理想が勘違いな人たちに土足で踏み荒らされるのは嫌だ。だから別のOSASKを作る。それがOSASK-HBをやることにしたきっかけの一つである。
  • これに加えて、「はりぼてOS」の改造アドバイスに外部デバイスドライバの項を書いていて、OSからAT互換機依存部分を全部ドライバ化して、さらにAPIもドライバ化して、そんでもってウィンドウシステムやタスクスケジューラとかもドライバ化したら、なんか超モジュール化OSみたいで面白そうだなと思った(どこまでできるのかはわからないけど)。モジュールを付け替えて遊ぶとか。・・・実はこれはOSASKでもやりたいと思っていることなのだが(だから内部がTAPIとかPAPIとかに細分化されている)、外部モジュール化の際の仕様を決めかねて数年がたってしまった。しかし対象が「はりぼてOS」だと、まあサンプルOSだから適当でいいよねーと気楽になれて何でもできる。この気楽さを味方にすれば開発がはかどりそうな気がした。これもOSASK-HBをやることにしたきっかけの一つである。
  • さらに最近はKHBIOSの設計に関して、理想のAPIについていろいろ考えることがあった。「ぐいぐい ver.0.0」はwin32とかに比べれば格段にいいAPIだけど(APIの機能の豊富さじゃなくて、EBXからAPIパラメータをメモリに置かせるという仕組みのこと)、もっと改良できるような気がした。それを試す場があればはかどりそうなので、これもOSASK-HBのきっかけになった。
  • 「ぐいぐい ver.0.0」の仕様はLDTを活用するので、win32でバイナリを動かすのが困難だった(仕様を作り始めたころは、winでもLDTくらい設定させてくれるだろうとか、まあwinでは動かなくてもいいやとかそんな風に思っていた。でも今はそうは思わない)。そしてLDTを一切使わないようなそんなAPIのほうがエミュレータなしでもさまざまなOS上でアプリを動かせて便利なんじゃないかと思う(もちろん間にランタイムか何かを挟むけど)。これをやり始めたいというのもOSASK-HBのきっかけになっている。
  • OSASK-IRCでneriさんに、「はりぼてOS」のオーバーラップウィンドウはやっぱりOSASKのウィンドウよりもいいですよねーっていわれた。僕はそれには同意できないんだけど、でもneriさんみたいに考える人がたくさんいることは知っているので、やっぱり「はりぼてOS」をベースにOSASKを作っていくのはアリなのかなと思った。まあ超モジュール構成になればあとからどうとでも交換できる。
Page Top

こめんと欄 anchor.png

  • 続きはこちら → OSASK-HB​/0001 -- K 2008-03-23 (日) 00:28:37
  • hrb-wiki住人のSeroです。はりぼてOSおよびOSASK-HB/AT Ver.0.00に重大なセキュリティ問題を発見しました。はりぼてOSをベースに作られたOS群にも同様な問題が含まれている可能性があります。詳しくはhrb-wikiのSeroをご覧ください。 -- Sero 2008-05-21 (水) 21:38:46

Front page   Unfreeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
 
新着

目次
メンバー一覧


recent(20)
2016-10-01 2016-09-08
  • @MenuBar.
2016-09-07 2016-09-04 2016-08-15 2015-09-23 2014-07-30 2014-07-04 2014-02-04 2013-10-26 2013-06-21 2013-06-17 2013-06-15 2013-04-02 2013-02-09 2013-02-04 2012-12-25 2012-12-01 2012-05-28 2012-03-31

トピック一覧
一般用コメント最新
新掲示板lina
2016/9/5 20:58
SandBoxゲスト
2016/9/4 12:01
RecentDeletedlina
2015/6/2 19:29
Old-OSASK-MLlina
2014/6/29 9:14
hideyosi/メールhideyosi
2014/1/6 20:17
hideyosi/募集中lina
2013/11/8 19:56

このサイトは川合秀実から委託を受けて、OSASKコミュニティによって管理・運営されています。
このサイトに関するお問い合わせは掲示板にお願いいたします。